パルシステムのまぐろ 冷凍品なのになぜ賞味期間が短いのでしょうか?

2019/11/26更新

家庭の冷凍庫でおいしさ・身色を保てる期間にしているからです。

まぐろは水揚げしたあと超低温冷凍庫(-50℃以下)で保管されます。超低温なら鮮度を長期間保てるのですが、温度が高くなると短い期間で赤い色が抜けたり、褐色に変化したり、味も落ちてしまいます。
冷凍まぐろはほかの魚より赤身のため、酸化が早く家庭の冷凍庫の温度(だいたい-18℃)では、おいしく食べられる期間・身色が退色しない期間が他の冷凍品より極端に短くなります。

※量販店に並ぶサクのまぐろは当日に売り切りされます。しかし、ネギトロなどのように添加物を使用したまぐろは賞味が少し長くなります。パルシステムのまぐろにも一部に添加物が使用されており賞味期限が少し長いものもございます。

役に立ちましたか?
はい
いいえ
loading
ご回答ありがとうございました。