原材料表示にある『たんぱく加水分解物』とはどのようなもの?

2019/2/26更新

『たんぱく加水分解物』は、「食品添加物」ではなく、分類では「食品」になります。「たんぱく」を含んだ原料(肉や魚などの動物性たんぱく質と、大豆や小麦などの植物性たんぱく質があります)を酵素もしくは塩酸で加水分解したもので、主成分はアミノ酸です。「味を整える」ことを目的に使用されます。
同じく調味のために使われるものには、「調味料(アミノ酸等)」と表示されるもの(一般に化学調味料と呼ばれます)がありますが、こちらは「食品」ではなく、「食品添加物」に当たります。

役に立ちましたか?
はい
いいえ
loading
ご回答ありがとうございました。