リユースびんは、どうやって返却すればいいの?

2018/1/16更新

ふたや注ぎ口は取り除き、びんを水ですすいでから返却してください。
ラベルに「リユースのマーク」があるものは、すべてパルシステムで回収しています。使い終わったら、ふたや注ぎ口は取り除き(※)、水で軽くすすぎます。紙のラベルははがさなくて大丈夫。ジャムなどの透明のフィルムは外して。これを、保冷箱に入れて返却してください。リユースびんは、大事に扱えば、洗浄後、20~30回くらいはリユース(再使用)できます。自治体にびんを出すと、ほとんどカレット(ガラスの原料として再生処理した粒状のもの)に戻してから、リサイクル(再利用)されます。環境負荷を抑えるためにも、パルシステムに戻してリユース(再使用)にご協力ください。
※ふたや注ぎ口を外すときに、金属等でこじると、びんの口が傷つき再使用ができなくなります。外すのが困難な場合はそのままお返しください。

リユースびん一覧

役に立ちましたか?
はい
いいえ
loading
ご回答ありがとうございました。