白菜やキムチの白菜についている黒い斑点は何ですか?

2018/8/27更新

「ゴマ症」といわれる生理障害によるものです。食べても問題はありません。
「ゴマ症」は、白菜の葉の主脈(一般には‘茎’と呼ばれる白い軸の部分)に、多数の黒い斑点が発生する現象です。土壌成分や気温などの影響によって発生しやすい生理障害で、結球(葉が巻いて丸い球状になること)開始の後期に発生し、外葉に近い葉ほど多く見られます。
カビや病気、傷みではありませんので、食べても問題はありません。

役に立ちましたか?
はい
いいえ
loading
ご回答ありがとうございました。