こんせん72牛乳 なぜ4日しか持たないのでしょうか?

2018/11/28更新

こんせん72牛乳は、北海道の根釧地区で搾乳された新鮮な生乳を北海道のよつば乳業㈱根釧工場で殺菌・パックし、出荷しています。しぼりたての生乳の風味を生かすことのできる「高温短時間殺菌(72℃・15秒殺菌)」を採用し、この殺菌方法は菌数の少ない良質な生乳、産地パックをしないと実現しません。商品自体の消費期限は6日間ですが北海道からの輸送に1日、セットセンターより組合員さんのお手元に届くのに1日かかるため、消費期限はお届け日含む4日間となります。

一般的な牛乳は「超高温殺菌(120℃~150℃・2~3秒殺菌)」という殺菌方法を採用しており、この方法ではほとんどの菌が死滅するため、賞味期限は長くなります。しかし、こんせん72牛乳は「高温短時間殺菌(72℃・15秒殺菌)」という低めの温度で殺菌しているため、耐熱菌が一部残存することから、消費期限は短くなっています。

役に立ちましたか?
はい
いいえ
loading
ご回答ありがとうございました。