放射線は微量でも危険なのですか?

2016/12/5更新

被曝が微量であれば健康への影響は少ないと考えられますが、できるだけ少なくすべきだと考えます。
放射線は細胞の中の分子を破壊します。特に、遺伝子が破壊されるとさまざまな健康への影響が起きます。遺伝子が傷つけられた細胞が増殖して癌になってしまうこともあります。
遺伝子が1ヶ所でも傷つくと癌になる可能性はゼロとは言えないので、発癌に「しきい値」がないとされているのです。
被曝量が微量であれば、影響はその分少ないと考えられるので、ごく微量の被曝について心配はいらないと考えますが、放射線の被曝、放射能の摂取はできるだけ少なくすることが勧められます。

役に立ちましたか?
はい
いいえ
loading
ご回答ありがとうございました。