石けんと合成洗剤 人体や環境への影響はどのくらいありますか?

2015/9/8更新

石けんは、動物、植物の油脂が主成分で、天然の原料からできています。
石けんを使用後の水は、下水等を経て河川、海に流れてゆきますが、その過程で酵素やバクテリアに分解され、やがては水と二酸化炭素に変わり、自然に戻ります。

これに対し、合成洗剤は石油が主原料で、分解が遅く、残留してしまういものが多くあります。
洗濯や掃除、入浴、洗髪、洗顔などの場合、衣服・皮膚に残留して影響を与えることが、懸念されます。

環境への影響でいうと、合成洗剤は、分解が遅く、残留してしまうものが多いという特徴から、河川から海へ流れてゆく中で、生物への影響が懸念されます。

役に立ちましたか?
はい
いいえ
loading
ご回答ありがとうございました。